HOME > 私たちの想い

私たちの想い

堀越悠介

「成績を上げる」を追求したい

「高い授業料を払っているのに成績が上がらない」
「同じ授業を受けているのに成績が上がる生徒と上がらない生徒がいる」
「担当する先生によって当たりはずれがある」

教育業界では、他のサービス業では許されない「サービスレベルの差の存在」を、生徒や講師の「個人差」として片付けてしまう傾向があるように思います。

「成績を上げることで生徒の人生に貢献する」

これは私たちが運営する個別指導塾「森塾」の理念です。
同じ授業料をいただいているのですから「ひとり残らず成績を上げる」という強い想いを持って日々邁進いたしております。

その「成績を上げる」という当たり前のサービスを実現するために必要なのは、強い「想い」であることはもちろんですが、残念ながら「想い」だけでは、私たちの追い求めるサービスは実現できませんでした。

私たちはこの想いに加えて、講師の行動分析や、全国の定期テスト分析などの科学的なアプローチから生まれる「教務のシステム化」に取り組んでまいりました。

私たちの教材は全て対面販売を基本といたしております。
それは、全ての教材の全てのページ、全ての問題に成績を上げるための「理由」があるために、これらを先生方に直接じっくりお伝えし、使い方まで含めて「成績を上げる」お手伝いをしたいと考えているからです。

まだまだ力不足ではございますが、全国の先生方のお力添えをいただきながら、精一杯「成績を上げる」ために精進いたしたいと思っております。
末長いお付き合いを賜わりますようお願い申し上げます。

株式会社スプリックス
コンテンツ事業本部 ソリューション開発部
部長 堀越 悠介

「塾人」の教育システムにこだわりたい

成績が上がらない生徒の特徴は何なのか?
成績を上げることが不得意な講師の特徴は何なのか?
成績が上がりやすい問題構成とはどのようなものなのか?

その答えは全て塾の現場にあります。
授業を何百回も録画して分析したり、自分で実際に授業を担当して効果検証をしたり、また、全国の学習塾の先生方からいただいた定期テストを一枚一枚分析したり。。。

私たち開発チームは、全員が授業に入りながら執筆をしています。とても忍耐力のいる作業ですが、私たちはこの作業を10年以上続けてきました。

それでもまだまだ日々新しい改善点がみつかります。そのため、教科書改訂年を待たずにテキストを改訂させていただいたり、急に「コロンブスのテスト問題をください」というお願いをしたり、ご迷惑をおかけすることが多々ございますが、これも「成績を上げる」ためとご理解いただけましたら幸いです。

私たちのシステムに対するどんな細かいご指摘でもいただけましたら幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

株式会社スプリックス
コンテンツ事業本部 教育コンテンツ開発部
小溝 真希

ページトップへ

ページトップへ

よくある質問ランキング

フォレスタに向いていないケースは?

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

お問い合わせ

受付時間