HOME > 問題解決その6

教えすぎていませんか?

生徒の苦手な部分を把握し、そこを穴埋めしていく指導ができる講師はどのくらいいるでしょうか。
それは新人講師に限らず、プロにでも難しい指導です。
また、講習などから入塾する場合、「どこから教えて良いかわからず、結局は最初から順番に指導して講習中に復習が終わらなかった」ということも多いのではないでしょうか。

復習用教材のフォレスタステップを使うと、経験の薄い講師でも生徒一人ひとりの苦手な部分を的確に見つけ、そこを効率的に指導することができる教材です。

≫フォレスタステップ全体像はこちら

定期テストを分析しデータベース化

こんな悩みございませんか?
その1:きちんと解説していますか?
すべての講師が、数学のテストで60点前後の生徒に「1次関数の導入」をすることができますか?
その2:レベルが合わせられますか?
「どの問題を授業中に解かせ、どの問題を宿題に出すか」全ての講師が判断できますか?
その3:生徒は理解していますか?
「生徒のレベルに合った問題を選びにくい」ために「やらせなくてもいい問題」をやらせてしまって授業が混乱していませんか?
その4:きちんと進んでいますか?
全ての生徒に対して、テスト日程に合わせた進度で指導できていますか?
その5:問題を知っていますか?
「テストに出ない問題」が載っている教材や、「テストに出る問題」が載っていない教材のせいで指導が混乱していませんか?

ページトップへ

成績が上がる!!フォレスタ年間使用例

ページトップへ

よくある質問ランキング

フォレスタに向いていないケースは?

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

お問い合わせ

受付時間